ニュースキュレーション

ハーバード大学工学・応用科学大学院(SEAS)の研究者らは、ピンクダイヤモンドの原子レベルの欠片の集合体から世界一小さいラジオレシーバーを開発した。  このラジオレシーバーはわずか原子2つ分の大きさである。ダイヤモンドの窒素-空孔中心と呼ばれる小さい部分を用いて作られており、単一の光子を発したり、微弱な磁場を探知できる。また、光ルミネセンスの性質を持ち合わせているため、情報を光へと変換でき

これやばい!