ニュースキュレーション

手で持ち運べるサイズの超小型衛星に世界の関心が高まる中、ことし日本では、民間による宇宙開発の本格化に向けて重要な挑戦が相次ぎます。日本の民間...

遅れに遅れて今年の3月くらいを目標にしてますがまだ予断を許しません。年明けから縦吹き燃焼試験、最後のフライトモデルでの長秒時燃焼からの機体組み立てとなります。成功しないと先がないので頑張るしかない