ニュースキュレーション

今月11日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から超小型衛星を搭載して打ち上げられるSS-520ロケット(JAXA/宇宙科学研究所)近年、低コストで開発できる超小型衛星の利用が増えるなか、東京大学が開発した重さ3キロという世界最小クラスの衛星が今月11日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所からロケットで打ち上げられる。「TriCom(トリコム)−1」と名付けられたこの衛星は、縦横11.6センチ、長さ34.

これ楽しみよねぇ