ニュースキュレーション

iPS細胞から作った視細胞を失明したマウスの目に移植し、実際に光を感じさせることに理化学研究所の万代道子・副プロジェクトリーダーらが成功しました。失明につながる難病の治療を目指し、2年以内に臨床研究を申請する計画。 米科学誌ステムセルリポーツに11日発表します。光は網膜の中の視細胞が感じ取り、脳につながる神経に信号を送ります。視細胞は、信号を脳に伝える神経の層と、これらの活動を支える色素上皮細胞の

いいね