ニュースキュレーション

研究開発機関「Draper」では、トンボの飛行を自在に操ることができる装置「DragonflEye」の開発を進めています。遺伝子操作を行うことで「光に反応する神経細胞」を脳の中に作りだして制御できるようにする「光遺伝学 (optogenetics)」の技術を用いるようです。

いいね