ニュースキュレーション

65歳以上の高齢運転者のうち、運転免許の自主返納に消極的な人は約8割に上ることが、県警が行った意識調査の結果で分かった。高齢運転者による事故が後を絶たない中、県警は総合的な対策が必要と判断。川越市をモデル地域に設定し、交通安全協会や公共交通機関などと連携して、自主返納の促進や運転技術指導の充実など、実効性のある対策の検討に乗り出した。県警は「高齢者事故が起こりにくい町づくりを模索したい」と意...

強制的に取り上げないと