ニュースキュレーション

育児しながら働く女性を支援しようと、福井県は2017年度から家事代行サービスの利用拡大を目指す。利用料の半分を県と企業・団体が補助する仕組みで、家事負担を減らして女性の就労を後押ししていく狙いがある。  17年度予算案に120万円計上した。計画では、男女がともに働きやすい職場づくりなどを進める県の「ふくい女性活躍推進企業」に登録している企業の中から3社を募り、モデル事業として始める。 ...

これは素晴らしい