ニュースキュレーション

J2長崎の支援の意向を表明したジャパネットたかたの高田旭人社長(右)と創業者の高田明氏(撮影・岡崎悠利) 通信販売大手ジャパネットたかたの高田旭人社長(37)と創業者の高田明氏(68)が10日に都内で会見を開き、経営難に陥っているJ2V・ファーレン長崎を支援する意思表明をした。3年をめどに、総額10億円を越える支援を行う見通し。  同社は長崎県佐世保市に本社を置く地元企業。現在は株式の約20%を保

ええことやん