ニュースキュレーション

宇宙開発企業のスペースXは3月30日、再利用ロケットの「ファルコン9」の打ち上げをケネディ宇宙センターより実施しました。現在ロケット第2段は人工衛星切り離しのために飛行を続けており、第1段は無事にドローン船へと着陸を果たしています。   今回打ち上げられたファルコン9の第1段は、2016年の4月8日に打ち上げられドローン船に着陸したもの。その時はISS(国際宇宙ステーション)へとドラゴン補給...

大幅なコスト削減に繋がるかはともかくとして再利用の最適解はここにあるって事ですね。