ニュースキュレーション

日本相撲協会の去年(平成28年)の決算は、大相撲人気に伴って入場券の売り上げが増えたことなどから、およそ6億4000万円の黒字となりました。

大相撲は図らずも現代人気スポーツの三要素を満たしている。