ニュースキュレーション

[東京 29日 ロイター] - JT の小泉光臣社長は29日、ロイターとのインタビューで、火を使わない新型たばこ「プルーム・テック」について、2018年末までに約500億円を投資し、紙巻きたばこ換算で約200億本の生産体制を整えると述べた。

カートリッジがアイコスなどと違う方式な事、日本ではニコチンリキッドが薬事法の規制で使えない事などのハードルが高く、タバコの葉っぱ入カートリッジの開発に手こずり量産体制がなかなか整わなかったようです…