ニュースキュレーション

さながら「食品スーパー」 セブン-イレブンは1974年に国内第1号店をオープンして以来、これまで店舗レイアウトを基本的に変えてこなかった。大半の店舗では、レジカウンターは入り口を入ってすぐ左側にあり、入り口の右手に雑誌・書籍コーナーを配置している。立ち読みをする客の姿が店外からガラス越しに見えるようにして、店内の"繁盛感"を演出する狙いがあった。そんなセブンの基本レイアウトが今、大きく変わろ...

すげえないい組織ってこうだよね