ニュースキュレーション

ヤマト運輸が悲鳴を上げている。アマゾンからの荷物の急増やドライバー不足で、宅配便の現場がパンク寸前なのだ。ここから見えてくる問題の本質は何か。流通アナリストの山手剛人氏による徹底分析をお送りする...

悲鳴をあげててもどうしょうもない。その間にAmazon物流がゴソッと持って行きます。