ニュースキュレーション

マウントゴックスの大規模ビットコイン消失事件に新展開か。 7月27日未明、午前2時52分、マウントゴックスから消失したとされるビットコインの独自調査機関WizSecが、マーク・カルプレス被告の犯罪を否定する新たな証拠を掴んだと発表した。 真犯人として浮上したのは、26日にギリシャで逮捕されたアレクサンダー・ヴィニクの偽名を名乗る38歳の男。ビットコイン取引所BTC-eの運営者のひとりとして知...

さて、日本の捜査機関の威信とやらはどうなるんでしょうかね笑