ニュースキュレーション

いま最も注目を集めている知の巨人、ユヴァル・ノア・ハラリは、「人工知能が雇用を奪う」という問題についてどう考えているのか。関連記事:ハラリ教授が考える「AI革命後の世界」Vol.1|人工知能が創るアートに人間はかなわない?これから数十年で、機械学習やロボット工学のレベルが向上すると、何億人もの仕事が失われるだろう。そうなると、世界全体で経済圏や貿易のネットワークが破壊されるはずだ。産業革命は都市で

そこまでいうなら解決策しめせよって思うけどな