ニュースキュレーション

総務省と情報通信研究機構(以下、NICT)は9月8日、翻訳データを集積・活用する「翻訳バンク」の運用を開始した。通信、交通、観光などさまざまな分野での自動翻訳の高度化を目指し、“オール・ジャパン体制”で運用するという。  NICTはこれまで、高精度化に必要な翻訳データの集積やニューラル機械翻訳技術(脳の神経回路を模したニューラルネットワークを用いた自動翻訳技術)の導入などに取り組んできたが、分野

オールジャパン笑