ニュースキュレーション

介護分野で、特別なハードウエアを使わずに既存技術を“ツギハギ”した新しい挑戦が始まっている。高価な技術を使った作業支援ロボットやロボット車いすとは逆に、ロボット導入にお金をかけにくい市場のピラミッドの底辺から開拓を目指す。同研究を率いるのはメディアアーティストとしても著名な筑波大学の落合陽一助教(学長補佐)だ。気鋭の若手科学者の目線から、新しいアプローチを探る。 厚生労働省の資料によると、2...

その通りやん