ニュースキュレーション

(Bloomberg) -- 「初乗り410円」、「タクシーアプリ」、「定額運賃」。世界中を席巻している米ウーバーに代表される新興配車サービスを迎え撃つ日本のタクシー業界がここ数年で矢継ぎ早に打ち出した施策だ。その背後にいるのが「タクシー王子」の異名を持つ日本交通の川鍋一朗会長(47)だ。

かわなべさん、uber-X的サービス認める方向に持って行って欲しいよ