ニュースキュレーション

政府が、新たな「宇宙ビジネス」の開発に向け、平成30年度にも制度整備の検討に乗り出すことが16日、分かった。雲や雨に妨げられない宇宙空間での太陽光発電などを想定し、実証事業を通じて、外国との調整も含む課題の洗い出しを進める。遅れている宇宙空間の活用を新たな経済成長の“種”としたい考えで、17日開催の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で議論を始める。

まずは打ち上げロケットの低価格化だよ!