ニュースキュレーション

日本の少子化対策の文脈で独身者が取り上げられるときには、自らの意志で「結婚しない」のではなく、仕事と子育ての両立困難や経済的困窮などの理由で「結婚したくても、できない」(=かわいそうな)人たちと描かれることが多い。ところが今年、2人の社会学者が著した新書が、こうした言説状況に風穴を開けた。

まあ結局結婚した人のポジショントークと合理的考え方の対立って話ですな笑笑