ニュースキュレーション

警視庁公安部、外為法違反容疑で  軍事目的でも使われる米国製赤外線暗視カメラを中国企業に不正に輸出したとして、警視庁公安部は24日、東京都足立区の中国人留学生の男(22)を外為法違反(無許可輸出)容疑で書類送検した。暗視カメラは搭載されていた国土交通省の防災ヘリコプターから取り外され、廃棄される予定だったが、インターネットのオークションサイトに流出し、留学生が落札したという。

こんなんも後数年もすれば輸出自由になるような技術だろうね。昔ラジコンヘリの輸出でヤマハの社員が捕まってたけど、今やドローンの中心地は中国という。。