ニュースキュレーション

“肉ブーム”も最近の物価上昇に一役-。こんな分析を内閣府が7日までにまとめた。政府がデフレ脱却で重視する消費者物価指数(生鮮食品とエネルギーを除く)は2月に前年同月比0・5%上昇と8カ月連続上昇。貢献したのは食料品で、中でも生鮮肉が指数の伸び率の約10分の1を占めた。料理イベント「肉フェス」開催などが相次ぎ、赤身肉や熟成肉が大人気となる中、需要の高まりが肉の値段を押し上げつつある。

肉ブーム牽引します笑