ニュースキュレーション

三菱重工業の宮永俊一社長は8日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)について、2018年度中に資本増強を実施する意向を表明した。同日発表した新中期経営計画にも資本増強を通じ、開発・販売体制の再構築に取り組むと明記した。

それくらい技術の断絶を解消するのは難しいって事だな。