ニュースキュレーション

アートや写真の専門書に力を入れた品ぞろえに、深夜営業――。独自性のある書店として人気だった「青山ブックセンター六本木店」(港区)が、25日の営業を最後に店を閉じる。眠らない街・六本木で、38年にわたって若者を引きつけた名店の最後に、惜しむ声が上がっている。

また斎藤某がアホな持論を述べてるな。んなわけねーだろ。単純に時代に合わせて営業形態を変えられなかっただけの努力不足本屋なんだよ。ボケが。