ニュースキュレーション

中国工業情報化部は2018年7月23日、小米(シャオミ)、アリババクラウドや、海南航空、京東集団の傘下企業など15社に仮想移動体通信事業者(MVNO)の経営許可証を公布し、モバイル通信事業の経営を認めると公表した。 MVNOは他社から携帯通信インフラを借り受け、自社ブランドでモバイル通信事業を提供す...

ビッグビジネスになりそう