ニュースキュレーション

米ペンシルベニア州立大学の研究チームは、小さい粒子を通さず大きな粒子を通し、生物の細胞膜のような構造を持つ自己修復可能な液体ベースの膜を開発した。排水処理や医療分野における利用が見込まれるもので、研究成果は2018年8月24日付けの『Sicience Advances』に、「Free-standing liquid membranes as unusual particle separato...

面白い。