ニュースキュレーション

21世紀に入りインターネットが我々の生活を変え始めた頃、若い経営者たちが時代の寵児(ちょうじ)ともてはやされた。彼らの多くは出るクイのように打たれ、あるいは自壊して制裁を受けた。時代は一巡し、その上

いまではすっかりロケットと和牛の人になってしまいました笑