ニュースキュレーション

川崎重工業はスペースデブリ(宇宙ゴミ)捕獲用の超小型衛星事業に参入する。質量60キログラム級の衛星を開発し、2020年にも軌道上でのデブリ除去技術を部分実証する予定。一定以上の大きさを持ち、宇宙空間

筋悪だなー