ニュースキュレーション

留学生の在籍数が国内トップクラスの東京福祉大学で、1年間におよそ700人もの留学生が所在不明となっていることが、JNNの取材で分かりました。これほど多くの留学生が所在不明となるのは極めて異例で、文部科学省と法務省は近く本格的な調査に乗り出す方針です。現場から、「消えた留学生」と題して、新たなシリーズでお伝えします。  東京福祉大学は、東京・池袋や群馬県伊勢崎市などにキャンパスを持ち、早稲田大...

これはやばいねー