ニュースキュレーション

【4月3日 AFP】米航空宇宙局のジム・ブライデンスタイン長官は2日、連邦議会の公聴会で、NASAは2024年に再び有人月面着陸を成功させた後、2033年までに初の有人火星着陸を成功させることを目指すと明言した。

野心的な目標を立てることは悪くない。