ニュースキュレーション

他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った目の難病患者への移植手術をしていた理化学研究所や神戸市立医療センター中央市民病院などのチームが18日、東京都内で開かれた日本眼科学会の総会で、術後1年間の経過観察で腫瘍化や網膜剥離など重大な合併症はなかったと発表した。チームは治療法としての一定の安全性が確認されたと説明している。 理研の高橋政代プロジェクトリーダーは「結果は良好。予想外のことはほと...

こんな感じだそう。