ニュースキュレーション

米下院小委員会によるNASA設置法案の改正案では、2024年の月面有人着陸「アルテミス」計画を4年延期し、2033年に火星有人探査を実現する目標だ。国際宇宙ステーションの運用は2028年まで延長する。

民間企業が突破口を開くことを期待