ニュースキュレーション

「十分な性教育を実施していない日本では、実の親でさえ子どもの性教育に頭を悩ませています。特に『夢精』と『精通』を検索して調べるお母さんはとても多いですね。性器などのプライベートゾーンについてどう教えたらいいのか悩んでいる親もたくさんいます」そう語るのは、これまでタブーとされてきた「性教育」の専門サイト「命育(めいいく)」を運営する3児の母・宮原由紀さんだ。アマゾンを辞め、ママクリエイターとと...

性教育のビデオとか学校とかですごいニーズあると思います。個人的には女性の生理について詳しく教えて欲しかったです。タブー中のタブーなのに、よく知らないが故に数々のトラブルに見舞われます。 #NewsPicks