ニュースキュレーション

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、北海道十勝の大樹町役場が5月2日に町内で民間企業が行うロケットの打ち上げに自粛を要請したことがわかりました。 2013年に実業家の堀江貴文さんが設立した大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は地元・大樹町と協力し5月2日に小型ロケット「MOMO5号機」の打ち上げを目指しています。 インターステラ社は2019年5月に小型ロケット3号機を高度100キロの宇宙空間に到達させるなど地元・大樹町とタッグを組み実績を収めてきました。 今回は新型コロナウイ…

日程を告知しない打ち上げとか、色々提案してみたのですが役場はゼロ回答でした。