ニュースキュレーション

日本相撲協会は13日、新型コロナウイルス感染のため入院していた高田川部屋の勝武士(本名・末武清考)が、同日にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため死去した… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

相撲は稽古での濃厚接触、部屋での集団感染、基礎疾患持ちが多くなる構造、どれをとっても感染症リスクは高い。スペイン風邪=インフルエンザも最初は台湾の巡業から戻った力士から感染したので相撲風邪と… #NewsPicks