ニュースキュレーション

 自民党の森山裕国対委員長は20日、ブランド農産品種の苗木などを海外に持ち出すことを規制する種苗法改正案の今国会での成立を見送る方針を示唆した。農作物の自由な栽培が難しくなるとの懸念を野党などが示しているためで、記者団に「日本の農家をしっかり守る法律だが、どうも逆に伝わっている」と述べ、成立には時間

育種にかかる膨大な費用を特許的にある程度の期間独占権を与えることで回収してもらうスキームを作ることで優れた品種をもっと作りやすくしようという趣旨の立法なんですけど、なんで邪魔すんだろうなぁ。。そして、反… #NewsPicks