ニュースキュレーション

母親の子宮頸(けい)がんが出産時に羊水に混入し、誕生直後の赤ちゃんが初めて泣いた際にこの羊水を吸い込んで肺がんを発症した例が見つかった。国立がん研究センターなどの研究チームが世界初の例として7日発表した。論文は米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン電子版に掲載される。

これまでもこういうケースがあったんでしょうね。HPVワクチン定期接種の積極的勧奨再開を早期にすべきでしょう。