WITH

ホリエモンWITH 熊谷俊人千葉市長が語る、行政の現在そして未来。前編2/2

ホリエモンWITH 堀江貴文 千葉市長 熊谷俊人

民営化できるものは民営化した方がいい。

堀江 財政的にはどうなんですか?

熊谷 財政的には政令指定都市で一番悪いです。

堀江 悪いんですか?

熊谷 すごく悪くてすごく特徴的です。ある種、全国の縮図で、ものすごい借金を抱えてますね。ですから私が就任して、「脱・財政危機宣言」を出して、このままじゃダメだっていうことで、かなりいろんなものを切って。職員の給料も切りましたし、市民向けの福祉の事業とかも一部見直したりして。まさに橋下さんがやってるようなことをやってきています。

堀江 今は借金どれぐらいですか?

熊谷 1兆円ですね、連結ベースで。

堀江 1兆円もあるんですか。

熊谷 千葉市って昭和30年代から50年代に、ものすごい勢いで人口が増えたんですよ。10年で人口が2倍になるとか、すさまじい時代もあるんですよ。その中で、予算もすごく増やしてきたんだけど、それが昭和60年ぐらいになってから、人口の伸びがだいぶ緩やかになってくるんですよ。でも予算の伸びは止められずにずっとそのままで来ちゃったので、どんどん負債が溜まっていって。投資のわりには人口が増えずに来て、溜まりに溜まった借金が1兆円ってなるんですね。結構、イケイケどんどんのところがあったので。

堀江 そこにブレーキかけたっていう?

熊谷 そうですね。私が就任するちょっと前ぐらいから、もう駄目だぞっていうのは言われ始めてたんですけれども、抜本的な見直しはできませんでした。私が就任するまでずっと市役所内部の人が市長になり続けてきたんですよ。私は千葉市の市政にとって戦後初めての外部民間出身市長なんです。今までは、ナンバーツーの助役さんがずっと後継的な感じで市長になってきて、なかなか路線って転換できなかったんですね。

堀江 まあ、でも気が遠くなるような… 税収どれくらいでしたっけ?

熊谷 歳入は連結ベースで言ったら7000億以上あります。だから他の小さな自治体に比べれば、借金があるとは言っても返すことはできるんです。ただ、とにかくものすごい勢いで借金を増やしちゃったので。すごい勢いで借金増やすと、返済もすごい勢いでくるじゃないですか。ここ10年20年でガーッと借金してるので、毎年の返済の金額がめちゃくちゃ多いんですよ。

堀江 今、だいたい支出額、連結ベースで言うとどれくらい?

ホリエモンWITH 堀江貴文 千葉市長 熊谷俊人

この続きは本日配信のメルマガでご覧いただけます。登録はコチラ
熊谷俊人(Toshihito Kumagai)
1978年2月18日生まれ。神戸市出身。千葉市稲毛区在住。2001年 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年、NTTコミュニケーションズ株式会社入社。2006年 NPO 政策塾「一新塾」第18 期生。2007年 千葉市議会議員選挙(稲毛区)に立候補、8,570 票を得て初当選。2009年6月、千葉市長に立候補、170,629 票を得て初当選。当時最年少の31歳で市長に就任。現在2期目。

Photograph Text/Edit/=柚木大介 Transcription=logo-01