WITH

ホリエモンWITH ロケーションベース“LIVE”SNS「Spectee」 村上建治郎が目指す新しいニュースの形 後編1/2

ホリエモンWITH 堀江貴文 村上建治郎

<前編はコチラ>

ニュースにイノベーションを起こしたい。

堀江貴文(以下、堀江) これはもう、事業として成り立つようになってるんですか。

村上建治郎(以下、村上) 事業として、今は成り立つように試行錯誤していますが、数字上はまだまだ、どこから収益を得るかっていうのがあって。

堀江 まだわかってない感じなんですね。

村上 マネタイズはまだ当分かなっていうところですね。夏に実験したんですけど、ドローンとかあるじゃないですか。例えば何かが起きたっていうのが、僕らのエンジン側である程度把握できてるので、そこにドローン飛ばして写真撮ったらどうかなとか。

堀江 はいはい。

村上 情報を配信する、ニュースを流すとか報道とかってもっとテクノロジーが入っていって、ITが入っていってもっともっと変わっていくべきだと思うんです。CNNが登場したときってものすごいイノベーションだったと思うんですね。CNNが登場した当時、大手のメディアがあんなの報道じゃないといった感じでアメリカでけっこう批判されて。CNNのアルファベットを掛けて、チキンヌードルニュース、って呼んでいて、単純に現場からダラダラ流してるだけで報道じゃないしジャーナリズムじゃないっていうふうに当時言われていて。それが今や世界最大のニュース配信会社。CNNが登場してもう30何年経ったんですけど、そこから先のニュースのイノベーションってまだあんまり起きてないかなって。

堀江 起こってないですね。

ホリエモンWITH 堀江貴文 村上建治郎

村上 ケーブルテレビで24時間配信するっていうのをCNNがやって、そこからまた新しいものを、たぶんこれからテクノロジーが入ってきて変わってくる感じなんでしょうね。僕らもそこに足を置いて行きたいなっていうのがあって、配信のところもそうですけど、ニュースをとってくるところからすべて、事件が起きてからユーザーに届くまで、全部変えていけるんじゃないか、っていうのが考えながらやってるところですね。

堀江 これはかなり面白いアプリになりますね。

村上 そう言っていただけると非常にありがたいです。

堀江 これ、ワールドワイドで使えますもんね。

村上 そうですね。

堀江 ニュースに限らずこれはだから芸能人だっていいわけですし。

村上 はい、何でもいいです。企業などに情報提供するといった取り組みもやっていて、基本的に僕らはとにかく世界中の情報をいったん解析して、配信する。その配信する情報はいくらでも変えられる。あくまでサーバー側の開発なので、そこは変えられるのでそこをあわせながら、パートナーさんのところに対してはそれだけを情報として提供しますっていう。

堀江 なるほど。ライバルとかそういう会社はあるんですか。

村上 国内だと今のところないですね。アメリカは実は似たようなのが何社かあるんですね。もうすでに立ち上がってるところで言うと、最近はあんまり名前聞かなくなっちゃったんですけど、少し前に話題になったバンジョーっていうのがあって、そこもウチと同じでソーシャルの情報を一次ソースにしてニュースを配信しますっていう。あとはロケーションのSNSっていうのが最近流行ってきていて、アメリカとかで。

堀江 そうですね。

ホリエモンWITH 堀江貴文 村上建治郎

村上 Yik Yakとかができて、テキストだけなんですけど、けっこう盛り上がってるんですね。僕らのサービスもSNSの機能自体は残っているので、そのままSNSとしても使えるし、ニュースを見るっていうのにも使えるような状況になってるのですが、ただ写真がベースになってるんですね。基本的には写真がないものは排除しちゃってるっていう。写真見ればわかるでしょ、みたいなところがあるので、その辺はYik Yakとはちょっと違いますけど。あとは本当にニュースだけに特化してきてるのが、Grasswireっていう会社。これはシリコンバレーの会社なんですけど、そこが完全にニュースっていうか本当に事件とかテロが起きるとかそういうものに特化して情報を拾い上げていくっていうのをやってますね。

堀江 なるほど。面白いですね。Instagramを取り込まれてるって言ってましたけど、Instagramなんかは写真ベースだからいいですよね。

村上 そうですね。日本ではあまり盛り上がらないんですけど。日本だと写真加工アプリみたいなイメージなので。

堀江 あ、でもね、最近ちょっと変わってきましたね。芸能人とかアーティストとかが使うようになってきましたね。ただまだ、使い方がまだわかってないみたいで、やっぱり日本でちゃんと使ってる人たちってどっちかっていうと外国人と交流がある人たちがInstagramのユーザーには多いですよね。たしかに。

村上 ちょうど僕が3月にアメリカに行っていろいろ紹介していたときに、ほとんどみんなInstagramだったんですよね。Twitterよりも今はInstagramみたいで。FacebookよりもInstagramみたいな感じで。

堀江 Instagramはスマホに特化してるからでしょうね。Twitterってスマホのサービスじゃないですからね、もともとがwebベースのサービスなんで。webベースのサービスっていけてないですね。この時代は。

村上 (笑)。そうですね。

次のページに続きます。