WITH

「記憶は人為的に書き換えられる」富山大学大学院教授・井ノ口馨が語る 「脳のしくみ」と「記憶」と「自我」前編3/4

DSC_4673

「意識」とは超短期記憶のこと

堀江 統合失調症などは、そうした曖昧な自我がいろいろと出てくる感じなんでしょうか。

井ノ口 例えば、妄想なんかはそうですね。頭の中にある無関係な記憶が結びついて、バーチャルなストーリーを作っている。ただ、無から生み出しているわけではなくて、いろいろな記憶の断片を適当につなげたりしている。だから、荒唐無稽だったりするんです。

堀江 そういえば、寝ている時にみる夢の話って荒唐無稽ですよね。

井ノ口 そうです。夢の中では同じことをやっているんですよ。普段から脳は、無意識に妄想しているんです。ファンクショナルMRI(血流反応などを見る最新の脳機能画像法)を使うとわかるんですが、私たちは、話をしたり考えごとをしている時、そのことに使われる脳の領域がすごく活動しています。そして、その他の領域の活動が抑えられています。逆にボーっとしている時は、意識して何かをやっている時に活動している脳の領域がグーっと抑えられて、他の何だかわからない領域が、やたら活動しているんです。

堀江 へー。

井ノ口 おそらく、ボーっとしている時に無意識的に脳の中のいろいろな情報が勝手に連合されたり、離れたりしているみたいなんです。「ひらめき」って一生懸命考えている時にはあまり出てこないじゃないですか。ひらめくのは、満員電車に乗ってる時とか、お風呂に入っている時とか、朝起きてボーッとしている時が多いですよね。僕は、朝起きてボーッとしていると、前から考えていたあの問題はこんなふうに解決できるんじゃないかとか、すごく悩んでいた研究のアイデアが急に出てきたりするんですよ。だから、無意識の時に一生懸命考えていた問題を掘り起こして、全然関係ない情報を照らし合わせたりしているのかなって思うんです。

DSC_4586

堀江 無意識って何なんですかね?

井ノ口 それはわからないです。でも、それは「意識が何か」という問題でもありますよね。何だと思います? 意識って。

堀江 僕は、グルグル回る回路なんじゃないかなと思いますけど。

井ノ口 それは記憶をベースとしたという意味ですよね。

堀江 そうです。

井ノ口 僕も同じ立場です。結局、意識は過去の体験。つまり「記憶の集大成」なんです。実は「人の写真が左右に一枚ずつ出てくるので、好きだと決めた瞬間にどちらかのボタンを押してください」という実験がありました。その時、「決めた」と押す1秒くらい前にディシジョンメーキングに関係する脳領域が活動しているんです。つまり、意識にあがってくるちょっと前に、すでに脳が決断している。ということは、その1秒間の超短期記憶を「意識」ということもできる。そうなると、意識は全部、記憶で説明できちゃうのかなって思うんです。

堀江 意識は超短期記憶……。

井ノ口 じゃあ、無意識は何だろうということですよね。無意識も記憶なんです。

堀江 無意識も記憶?

井ノ口 だと思います。無意識の時の脳の活動というのは、記憶を照合しているだけだと思います。それをランダムにやっているんです。もう、メチャクチャに……。

堀江 じゃあ、泥酔している時ってどうなんですか?

井ノ口 泥酔ね(笑)。

DSC_4598

堀江 泥酔している時って覚えてないじゃないですか。でも、泥酔していても自分は意識があってしゃべっていますよね。でも、その内容は記憶から消える。

井ノ口 それは、長期記憶にならないからですよ。脳は長期記憶をする時に、その記憶に関わったニューロンの中でタンパク合成がおこなわれているんです。

堀江 それはどこに溜まるんですか?

井ノ口 シナプスに溜まっていきます。

堀江 シナプスね。

井ノ口 ある記憶を覚えた時は、その記憶に関わったニューロンの間のシナプスの伝達が強くなるんです。シナプスの伝達を強くするためにタンパク質を合成しているんです。逆に言うと、そのタンパク合成を止めると記憶はするけど、すぐに忘れちゃうんです。

堀江 へー。

井ノ口 だから、堀江さんはこうやって話している内容を明日も覚えていると思うんですけど、ということは堀江さんの脳の中は今、猛烈な勢いでタンパク質を作っているはずです。

堀江 合成されている……。

井ノ口 でも、アルコールを飲むとタンパク合成の機能が落ちるんですよ。だから短期記憶として、しゃべった直後は内容を覚えているけれども、翌日になると忘れてしまう。

堀江 それで、次の日に「あんなこと言ってたよ」なんて教えられて、それがまた長期記憶になるんですね。

井ノ口 なりますね。

堀江 なんか、つなぎ合わされて、記憶の修復みたいな感じなんですけど。

井ノ口 そうです。それで強化されるわけです。

堀江 なるほど。

次のページに続く