WITH

「将来的には人工冬眠で宇宙旅行も可能に」 理研・辻孝が語る「再生医療」の最先端!前編2/2

DSC_6825

人間の体の中には「神経」「筋肉」「骨」などを作る幹細胞がストックされている

堀江 最近、「幹細胞」ってすごく注目されているじゃないですか。例えば、脂肪肝細胞を豊胸に使ったり、シワ取りに使ったり。あとは、骨髄幹細胞とか。

 幹細胞研究は、骨髄幹細胞(造血幹細胞)の研究から始まりました。1960年代頃のことです。

堀江 1960年代なんですか。

辻 そうなんです。原水爆実験で大量の放射線を浴びた人が、血液を作れなくなってしまった。「彼らを助けるためにはどうしたらいいか」という研究をしていたら、その結果、血液のもとになり造血幹細胞が骨の中に合うことがw仮あました、それが骨髄移植になったわけです。例えば、堀江さんの骨髄を僕の骨髄の中に移植すると、僕の血液成分と堀江さんの血液成分が同じになるんです。それで、どうも血液のもとになる幹細胞が骨髄の中にあるんじゃないかということで始まったんです。

堀江 へー。

DSC_6871

この続きは8/10(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保