WITH

「開腹手術なしで治療ができる」 自治医大・山本博徳教授が語る 小腸の内視鏡検査・治療の最先端 前編2/2

DSC_7008

小腸の病気は内視鏡じゃないと早期発見が難しい

山本 3つめが「血管性病変」。毛細血管が異常に拡張して出血を起こします。

堀江 なんで血管異常になっちゃうんですか?

山本 それは先天的なものもあるでしょうけど、ほとんどの場合は後天的なもので、高齢者の方に多いんです。そして、ほとんどの場合、肝硬変や腎不全、心臓病などといった合併症を持っている方だったりします。小腸疾患を持っている患者さんというのは、病能期間の長い人が多いんですよ。

堀江 病能期間ってなんですか?

山本 症状が出てから診断がつくまでの期間です。小腸疾患は比較的ありふれた症状なんです。そのため診断が難しく、苦しんでいる人が多い。

堀江 「なんかお腹が痛いなあ〜」とか?

DSC_7025

この続きは8/17(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保