WITH

「培養肉」に 「ひも状組織」東大生産研・竹内昌治教授が語る “細胞でのモノ作り”とは?後編2/2

DSC_8380

筋肉組織を作るには、細胞の筋トレが必要

竹内 “面形”というのは、これです(シート状になったものを見せる)。細胞の大きさは10ミクロン(=0.01mm)なので、1mmの大きさのものを作るだけでもひと苦労です。

堀江 そうですよね。

竹内 これは筋肉の組織を作ったものです。どうやって作ったかというと、シート状の筋肉組織をどんどん重ねていくわけです。

堀江 なるほど。

竹内 筋肉の細胞は培養すると力が集まってきちゃんですよ。筋肉なので(笑)。そうすると、どんどん小さくなって固まってしまう。固まってしまうと何をしても動かないんです。だから、一方を留めておいて組織を広げながら培養する。でも、ときどき刺激をしてあげないとダメで、先ほどお見せした弓のような機械で組織を伸ばしたり縮めたりする。筋トレが必要なんです(笑)。

堀江 その延長線上に、培養肉があるわけですね。

竹内 そうです。オランダのマルク・ポスト教授は「これでステーキができるんじゃない?」と言っていましたが、私は日本人向けに刺身とかができたらいいなと思っているんです(笑)。

DSC_8400

この続きは9/14(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保