WITH

「塗る太陽電池」の開発!理研・尾坂格氏の考える 未来の発電のカタチとは?2/2前編

DSC_2707

窓にシースルーフィルムを貼って太陽光発電が可能

堀江 塗って作る太陽電池の実用化のほうはどうなんですか?

尾坂 現在、いつくかの企業が一生懸命、努力されているところだと思います。例えば『三菱化学』は、シースルー発電フィルムの実用化と市場開拓を開始しました。塗って作る太陽電池はピラピラするくらい薄くなるのでシースルーにすることができるんです。シースルーだとビルの壁だけでなく、窓にも貼ることが可能です。

堀江 それで発電した電力って、何に使えるんですか?

尾坂 ビルで使用するすべての電気を、シースルーフィルムで発電した電力でまかなうというのではなく、例えば屋上にはこれまでのパネル式の太陽電池を置いて、壁や窓にはシースルーフィルムを貼るなど、トータルでビル全体の電気をまかなうということだと思います。

堀江 そうした素材系の新技術って、建物などに使われ始めていますよね。酸化チタンとか。

尾坂 酸化チタンは代表的な光触媒ですよね。

堀江 光触媒で汚れがつきにくくなるんですよね。

尾坂 そうです。

堀江 エネルギー変換効率はどうですか。シリコン型の太陽電池と比べて?

 

DSC_2676

この続きは3/7(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保