BLOG

続・コーヒーとスタバ

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 食べ物・飲み物

コーヒーの話、みんな興味あるんですね。コメントがすごかったニコニコ

誤解が一部あるみたいですが、私が別にコーヒー嫌いなわけではないです。仕事忙しかったころは毎日のように会議室でコーヒーを出されて飲んでいましたし、それで特に胃腸が悪くなったこともないし、コーヒーの香りは嫌いではありません。が、特に好きなわけでもないのです。

外でのむと結構な値段するのに、なんでわざわざ飲むんだろう?ペットボトルのお茶とか水じゃだめなんかな?と。カフェインの効果は先述したとおり、あんまり感じません。子供のころからお茶を飲みなれているからかな?お酒を飲んだときのようなアルコールのリラックス効果みたいなのは感じないんですよね。

で、大好きになりたい訳は、誰かが、「今からスタバ行くけど、なんかいる~?」みたいに聞いたときに、「え?なんでスタバ?」とか思わずに、素直に即答できるようになったら楽かなーとか、思ったからです。

いろいろアドバイスいただいたんですが、実はうちにはエスプレッソマシン(貰った)やら、コーヒー豆を挽いて淹れる装置だとかがあり、自分ではやりませんが、友達とかが使って淹れてくれたことがあります。

あと、京都のイノダコーヒーも行ったことありますし、他にもコーヒー好きの友達がいろいろ連れて行ってくれました(店の名前は覚えてないけど)。水出しコーヒーは、普通のコーヒーよりくせがなくて飲みやすいとか思ったこともあります。

苦いのとかも特に苦手ではなく、むしろミルクとか砂糖はいれないほうだと思います。

私はタバコすわないんですが、親父がヘビースモーカーだったんです。車でも窓を閉めてタバコ吸ってたんですが、子供のころからそうだったんで、それが当たり前だと思ってました。大学生のときに先輩の車に乗ったら、冬に窓を開けてタバコ吸ってたんで、思わず「さむっ!」とか言ってしまいました。

なので、タバコの香りはどちらかというと好きなんですが、自分では何度か口にしたことはあるものの、常用には至りませんでした。

でもタバコ吸わないと、会社とか仲間うちでも、なんか疎外感があったんですよね。
特に禁煙運動が活発化してから、分煙が普通になって、仕事してても喫煙ルームに行って、いろいろ雑談なんかして、その輪に入れないと情報が入らなかったりとか。あるいは居酒屋みたいなところで酒飲んでても、喫煙者だけ外に出て吸ってたりして、タバコ吸わないと取り残されたりしてね。

ある意味コーヒー(というより一時のスタバ現象)も疎外感を感じることもあったんですよね。
ってな感じです。

お茶のスタバみたいなのってのは、KOOTS GREEN TEAです。昔のブログで紹介したんですが、タリーズコーヒーがやってます。創業者の松田さんは伊藤園に買収されたのを機に辞めちゃいましたけど。当時は、私の出身地の、しかも超近所のお茶屋さんの八女茶をパックで売っていました(今はどうかしらないけど)。これ、結構普及してほしいなあ。

3日酒飲まなかったら、胃腸炎・下痢治りました。いろいろありがとうございました。