BLOG

巻鰤とか、ブログ炎上とか。

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 食べ物・飲み物

巻鰤とか、ブログ炎上とか。

あ、写真は巻鰤っていう、能登名産の、まあ酒のつまみです。鰤をスモークしたもの。藁に包まれていて雰囲気満点なのですが、中は真空パックになっててちょっと意気消沈。でも、ビールとかと一緒に食べると最高よ。初めて食べたけど・・・・。

アリ?ナシ?ブログ炎上、「名誉毀損」と「表現の自由」

ブログ炎上の「炎上」ってのは、マスコミ受けそうな表現だなーって、前々から思ってた。でもちょっとネガティブな表現だよね。なんだか、人のブログを炎上しただの言われるのははっきりいって気持ちのいいものではない。まだ、「祭り」とか言っているほうがまだマシだ。まあ、その炎上を抑えるノウハウ本なんかが、商売になってしまう皮肉な時代なもんだ。そんな商売したくねー。

まあ、それは置いといて、こんなんで逮捕しちゃうのもどうかな、なんて思ったりもする。そんなこと言ったら私の前のブログなんか、逮捕者続出だろ。。。。まあ、私が被害届出したところで警察が動いてくれるとも思えないし、そんなんで被害届出すつもりもないが。。。。ほとんどの人は単なる悪戯でやってんだろうしね。

ブログやSNSも匿名でモノが書けたりするので、思わず本音が出るんだろう。本音ってのは残酷だし、感情の赴くまま書いてしまうもんだ。ブログの酷いコメントに耐えられるようになると、実社会でどんな酷いことを言われても、耐えられる耐性がつきますね。

さて、竹中さんの正論。

【竹中平蔵 ポリシー・ウオッチ】かんぽの宿は“不良債権”
※リンク切れ

彼は、私みたいな舌っ足らずが、旨く説明できないことを明快に説明してくれる。市場価格が割高なのか割安なのかなんて、分かってれば、全戦全勝だ。今売れば売った資金で本業に投資が出来る。本業で投資すべきところも不況で安くなっている。だから、売った値段が割安かもしれないが、売った金で買ったものも割安だということだ。

しかし、こういう正論が通らないところが、人間社会の面白いところである。私からするとあきれてモノが言えないが、例えば、ホリエさんはなんでも合理的に判断しようとするが、それは間違いで人間の感情ってものがある、みたいな反論が聞こえてくる。売り先がオリックスだとお手盛り、となるし、外資だと、このハゲタカの手先が、みたいになるし。

というより、感情的に竹中さんとかが嫌いみたいな議論もあるんだよな・・・。政治家もそういうの煽って政争してるだけなんだろうけどねぇ。。。

次は、いつもの落合弁護士ブログから。彼のブログは目の付け所がよいです(意見は違うことが多いですが)。

[話題]内定取り消しの日本綜合地所が破綻、負債1975億円

ついに破綻ですが・・・・。まあ仕方ないにしてもこういう会社から訴訟で内定取り消しの違約金取ろうってのも、ちょっとネガティブな発想のような気がしますねぇ。さっさと別の会社に就職するなり、自分で事業起こすなりすべきでしょう。

[裁判制度][表現の自由]民放連、最高裁に審理の撮影申し入れ…裁判員制度を前に

とりあえず、目先の視聴率稼ぎのために(まあ、表向きこういう理由はつけないにしても)こういう申し入れをしてしまうところが、怖いですね。こんなのやったら、ますます、おかしな方向に司法が引っ張られていく気がします。まさに第4の権力、マスコミの恐ろしさを垣間見ました。