ニュースキュレーション

つい先ほとFacebookは WhatsAppを買収 したことを発表した。月間アクティブ4.5億人世界的メッセージングプラットフォームで買収金額は190億ドルだった。これは、2001年にHPがCompaqを250億ドルで買収して以来、最大級のIT系買収だ。 つまり、2011年の開業以来比較すれば貧弱ともいえる800万ドルを調達してきたWhatsAppが、今や200億ドル近い価値になったことを意味している。 古き良き日を思い出してほしい。あの誰もが仰天した 10億ドルのInstagram買収や、Lenovoが Motorola Mobilityを29億ドル 買ったことを。 単純な時代だった。 190億ドルのいう金額は、われわれの頭で考えるにはあまりにも大きすぎるので、他のあきれるほど価値のある物、会社、人物と比較してみることにした。 友よ、お楽しみあれ。 190億ドルとは・・・ BlackBerryの時価総額の4倍 Fordの時価総額の約1/3 GroupOnの時価総額の2.8倍 Gapの時価総額とほぼ同じ Sonyの時価総額よりやや多い(約10%) Deltaの時価総額の約3/4 Mark Cuban、7.5人 HPの時価総額のほぼ正確に1/3 原子力潜水艦2隻 Twitterの時価総額の62% バージン・ギャラクティックの宇宙旅行7万6000回 Sprintの時価総額の約60% Instagramの買収25回 上記の数値は以下のデータに基づいて計算した。買収金額は総額190億ドル相当。これには締結後従業員に与えられる制限付株式を含む。他社の時価総額はGoogle Financeの終値による ― 時間外取引は考慮せず。このようにしてわれわれは、比較対象の公正市場価値と今回の買収総額を比較した。 画像:Shutterstockの写真を元に構成 (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

うん、LINEは二兆円以上の価値があってもおかしくないな。。