ニュースキュレーション

iPhone 6 / 6 Plus が発売されて今日で3日目。各ブログやYouTubeなどで大量に流れていますが、昨日は丸1日みっちり使ってみて、購入前にはどうなるんだろう?と思っていた点もいろいろと分かってきました。 いいところや気になるところが見えてきたので、いったんこの時点でまとめおきたいと思います。iPhone 6か6 Plusのどちらにしようかお悩み中の方や、そもそもiPhoneを買おうか考え中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!! はじめに、私のスペックをご紹介しておきましょう。 30代後半既婚、子あり、普通のサラリーマン 2009年からiPhoneユーザー(iPhone 3GSから、4/4S/5/5sとすべて購入) 2009年からMacユーザー(白MacBook / MBA2010 / MBA2012 / MBP2014購入) iPadもそこそこ好き(iPad / New iPad / iPad mini(2台)/ iPad mini Retina購入) iPodも5台ほど持っていた Androidも過去に10台ほど購入している(が、どれも定着せず) 電子書籍、電子ペーパーも大好き(kindle PW 2台、kobo 2台、SONY Reader購入) もちろんWindowsも使っている 2014年8月23日から親指シフトを練習中(笑) 2014年9月19日 iPhone 6 Plusを購入!(iPhone 6は買っていません) そうです。お察しの通りガジェットマニアです!! いろいろ使ってみてこそ、違いが分かるのだと思います! Apple製品が好きなのは間違いありませんが、Android端末も購入しつつ比較検討は続けています!! それでは、張り切って行きましょう!! とにかく大きい 片手で持てる 片手で操作はできない 重さはさほど苦には感じない アプリは普通に動いてる 英語キーボードは操作しやすくなった 英語キーボードの1列目に数字があればいいのに フリック入力は大きさが変わり違和感(引っかかりはないがミスはあり) で、でかい。iPhone 5sで慣れた目は、デカくなったiPhoneを見て大きな違和感を感じました。でも片手で持てる範囲なのと重さはそれほど苦ではないかな。これは4.7インチではなく5.5インチを選択した時点である程度、覚悟を決めていたからかも。ただ、 片手での操作はスクロールと決まった場所のタップに限られそうです。両手操作が基本になりそう。 アプリについても画面比率がiPad 5sから変わったにも関わらず、 iPadのように画面の周辺に黒い帯とかが出なくて一安心。 キーボードがらみはいろいろとあります。もっとも重要な入力部分ですが、 iPhone 5sまでとまったく感覚が変わってしまいました。フリック入力は指が感覚で場所を覚えていましたが、 慣れで解決できる問題ではなさそうです。まったく別ものとして練習が必要になります。 どうせ一から感覚を覚え直すなら、ATOKを使いたかったな。というのが本音。 胸ポケットには入らない(入ってもはみ出てる) ズボンのポケットに入るが座るときに心配 手ぶらな時はどうするのよ? サッと出してサッと入力という風には行かない 携帯電話という概念を捨てれば世界が広がりそう これまでのiPhoneの感覚で持ち歩くのはまず無理です。 これだけは断言できます。いつでもiPhone 6 Plusを持ち歩くという新しい基準?考えのもと考えると、その先に新しい世界が待っていそうです。 新しい世界なんていらないよ、という思いが無いことも無いですが、Appleが提案 する新しいiPhoneの船に乗ってみよう。と思ったのです。 携帯電話の概念を変えると言っても普段、携帯はしなければいけないものなので、手ぶらの時はどうするのか?などいろいろと新たに考える必要はありそうです。 画面が大きいと見やすい 閲覧は片手で、入力は両手操作が必須 電池の持ちはいい iPhone 6 / 6 Plusに対応したアプリは情報量が多くなりメリットが大きい iPhone 6 / 6 Plusに未対応のアプリはただ単に文字が大きくなっただけでかっこ悪い(スマートでない) iPhone 6 / 6 Plusに未対応のアプリは画像がぼやけたものもある キーボードのサイズが2種類ある やっぱり大きな画面は 見やすくて情報量も多く表示できます。これが最大のメリット ...

参考になる