ニュースキュレーション

[北京 29日 ロイター] - スマートフォンなどを手掛ける中国新興IT機器メーカーの小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、シンガポール政府投資公社(GIC)などの投資家から11億ドルを調達した。今回の資本調達で、同社の企業価値は450億ドルと評価されたという。雷軍(レイ・ジュン)最高経営責任者(CEO)が29日、ソーシャル・メディア「微博」で発表した。

GIC攻めるね。