ニュースキュレーション

オランダのデルフト工科大学の大学院生がつくった黄色い機体の無人機(ドローン)のプロトタイプは最大時速100kmで空を飛び、心臓発作などで倒れた人を助けに向かう空飛ぶAEDだ。AEDそのものにプロペラをつけて飛ばしてしまうもので、救急車よりも速いことは間違いない。(「Wirelesswire News」より転載)

これは期待できる